カテゴリ::taipei一人旅('06/夏)( 3 )

2006・8・15 ( 旅行記 : Ⅲ-1 )

初めに!jay4面ポスターが、特典ポスター:共通と前回言いましたが、購入先によって違いがありそうです。スイマセン(・д・)
Jaycnでは、4面ポスター:特典になるような広告がアリ
               ↓ これが、もう1つの特典:パズル画像だったんだぁ
b0098742_21202758.jpg

b0098742_2123319.jpg
                      7-11の広告

MV観ましたか?(昨日の記事中(・д・)←をクリックでMV観れます・飛んでみて下さい)
桐子は涙が出そうになりました。勝手すぎる私。。
初聴では、ヘっ!?と言ってたのに、2度目でグゥワシっと心を握られて・MV(jay:カッコイイよぉぉ)&改めてのメロディラインに気分も開放された感。今日は仕事中に、、フーっと何故か玉清さんの歌声ノミ流れ初め、再度歌声を求めると思い出せず、、、またフーっと:玉清さんのお声ノミが流れる。。
jayの4面ポスター:右端サスペンダー姿。極秘撮影の、もう1つの意は清さんとjayのコラボを隠せ!撮影場所に清がいるのをメディアに隠すのも大変だったようですね。傘で顔を隠してたとか。。ってこたぁ~、やっぱ、jayはその清さんとの緊張もあって、頻階にトイレってことか。。。                    以下 ↓ 台湾旅行記です


3日目ともなると、駅までの道も分かるし、何となくHOTELの部屋にも愛着が湧いてきて、1人旅にも慣れてきた感じに。

今日はjayのSHOP:「 omni JFK 」と、新しくオープンした伊:レストラン「 M.j 義法厨房 」を探し当て、萌えぇまくり満々で、いざ出発。

この2件とも、MRT[ 板南線 ]=[ 忠孝復興 ]站が最より駅
HOTEL~スイスイとここまで到着したはいいものの。
朝食を食べていなかったので、少々、お腹の虫もなり始め。jayも香港で行っていた「糖朝」のオープンまで、30分程時間が余り、何となくその辺をブラつくことに。
(因みに、駅:出口5~上がればすぐお店アリ)
すでに、太陽はジリジリと照りつけ、どこか、デパートにでも入りクールダウンしなきゃ倒れちまうよって所で、忠孝東路四段のメイン通りに位置する「明曜百貨」に逃げ込む桐子。
そうそう、台湾の街を歩いて感じる事の1つに、きちんと化粧してる女性が少ない。
素顔に近い薄化粧なのか、ノーメイクなのかの差もはっきりしません。
そういう文化なの?
デパートに入ると、まるで日本のデパートかと思うほど、1階は化粧品カウンターで埋めつくされてます。で、おぉ、さすがに、カウンターの美容部員のお姉さん等は、フルメイク。
これが、綺麗なんですよ。
中華圏の方って、肌がきめ細かいと思いませんか?
マル出し:おばちゃんに、一生懸命ファンデを塗ってお仕事されてるお姉さんを思わず
ジーっ(=д=) と見入る私。まるで、お人形さんのようでした。
西欧人が嫌悪しがちな能面:ベタ・メイクでしたが、元来の美肌がモノを言ってるんだもの しょうがない。
と、怪しい日本人は、上の階を覗きに。
何でしょう。ぶら~っと商品を見て回っても衝動的な物欲感も起きず、トイレへ行くことに。
で、驚愕の現実:台湾トイレ事情に直面!

:去年、初渡台を決めた時から念入りに下調べしたのが THE台湾トイレ事情
台湾では、トイレは自分家が綺麗で快適ならOKで、以外は、気にしない風習があるとか。
一般的なのは、下水管が細くて紙が詰まるという理由で、使用したトイレットレッパーはトイレに流しちゃいけません。個室の中に、ドデ~ンとポリバケツ並のゴミ箱があり、そこに、捨てるのです。 ええ、隠して捨ててる方あれば・ギョエって方も
私が宿泊したHOTELでは流してOKでしたが、これも、ソコソコのHOTELで事情は違ってきます。そういう事情を踏まえて行った去年、思うほど気分を害する事態に直面する事なく過ごせたのですが。
ついに、この日:桐子も洗礼を受けることに。
個室に入って、まず目を奪われたこと・・・・女子専用トイレなのに:便座があげられてる
こ・こ・これは、ネットでトイレ情報にあげられてたアレだよぉ!
便座があげられた上に、土台の枠部分は泥や毛で真っ黒状態に。
使用方法:この土台に足を置き、和式方式でしゃがんで用を足すか・あるいは、その土台からお尻を浮かせて空気椅子状態で用を足すか。あるいは、持参したウエットティッシュで丹念に便座を拭いてケツを。。。置けるかぁぁぁ!!!!
これが、THE!台湾トイレ事情だぁよぉと、驚嘆しながら、桐子は用を済ませたけどね。

大人の仲間入りです。

さて、勝手にトイレで興奮してたら、そろそろ「糖朝」のオープン時間。
早速、店内に。とっても、開放的で綺麗な内装。
入って左奥にオープン厨房も丸見え。
で、聞いていて心地の良い、あの声 「 ファイン グァンリンー・你好!」
私には、いらっしゃいませが「ボーリン」にしか聞こえませんが、この音はスキです。
メニューには、日本語表記バッチリ★
私が注文したのは、「海老餃子入り麺&漢方ゼリー・小豆入りMILKティー」
待ってる時間が手持ち無沙汰だったので、ガイドブック内の台湾の歴史をじっくり読む事に。
料理が運ばれきて、もう腹ペコだったので、夢中で食す。
お茶は飲み放題。何度でも注ぎにきてくれます。
すっかり満たされ、運ばれてきたMILKティーに感動し!あの太いストローでゼリーをズズっと吸い上げながら、なおも台湾の歴史を読むにつれ、気分が少しトーンダウン。
気づけば、すっかり強力:冷房に体が冷え切ってる。
立ち代りお茶を注ごうとするのを静止して、店を出ることに。
会計場所には、いかにもデップリした品の良いオバチャンが鎮座。
ここでも何故か、中華圏の方に間違われて、怒涛の北京語を浴び、ホトホト参ってると
日本人だと気づかれて何となく、無言の笑顔合戦。
「おいしかったです」と北京語で言えず、「シェシェ」と告げ店を出ようとした時、
ヘっと思うほど、大きな「謝謝!!」の声が。、振り返ると、そのオバチャマが満面の笑みで私を見ていました。これ、相当感動。胸に迫るくらい感動。
とっても柔らかいその笑みに、気分もほぐれ、もう1度:私も「謝謝!!!」と笑顔で返し、いざ!熱風アスファルト地獄街への扉を開け店をあとに。
気分がハイになったり・ダウンしながら、目指せomniへ・・・・
って、omniの開店時間はpm2です。まだまだ時間をつぶさなくっちゃ。 続く。。。。


b0098742_22533833.jpg
JAYにリードされて踊ってみたいなぁ。ありえないけど
by jaychou8 | 2006-08-24 23:58 | :taipei一人旅('06/夏)

2006・8・14 ( 旅行記 :Ⅱ)

せっかくなので気分も台湾に飛んでみませんか? クリック HITO RADIO (・д・)
私は「台北之音」を聴きながらUPしています。(もしかすると今jayも聴いてるかも☆)
                                

今、思い返すと、宿泊したHOTELの部屋は、全く陽が差し込まない環境でした。
朝、目覚めても、夕方部屋に戻っても、「あれ?」って思わなかった自分に今頃唖然。
少しだけ窓が開けられたので、部屋に戻ると、必ず、冷房をOFFにして過ごしていました。
ハウスキーピングの方は、その都度、窓を閉めて
16℃に設定して退室していたので、お互いにケン制しあってたなぁ。

さて、朝の光も浴びずに起床して、何となく身支度をして、朝食会場へ。
遅かったセイでしょうか。「全部、出払っっちまったよ」という状態。(焼売だけ異常なウマサ)
ま、期待もしていなかったので、軽く済ませて、いざ、淡水へ!

昨晩のマッサージ屋の位置~何となく方角が理解できたので、
MRT 淡水線 「民権西路站」 に向けて出発。
マッサージー屋に向かって、ズンズン行けば、たぶんでっかい通りにぶつかる→右折して・もっとズンズン行けばMRTのマークでも見えてくるだろう。←楽観的すぎ・・
でも、行けども、MRTのマークなんて見当たらず。
早速、バイクにまたがる青年に英語で Q 「MRTの駅は?・・・」 青年 「怒涛の北京語」
ホエ?? 仕方なく「シェシェ・・・」バイバイ
ま、前に進むしかないなぁと、もう少しズンズン。
赤信号の前に、若い女性がいたので、同じ様に道を尋ねたら
女性 「日本の方ですか?」 キャー!!異常に興奮する私。現地在住らしきその方~
「大丈夫です。もう少ししたらMRTのマーク見えますよ。」の言葉に安堵。。
丁寧にお礼を言ってバイバイ

ようやく駅にたどり着き、無事、淡水行きに乗りました。

この駅~淡水へはMRTは高架線になるので、外の景色を楽しみ、最終駅・淡水に到着。
30分弱でした。

ここからは、真剣にそのワンタン屋を探さねば。気合を入れて、人の流れにまぎれて
老街と呼ばれる「中正路」へ。
有名な 「酢梅湯」屋・「可口魚丸」屋を横目に、ここでもズンズン歩く。
なかなか、見つからないなぁと思って、もう暑くてヘドロになっちゃうよって時にありました!
「百葉温州錕飩」 ←jayセット画像あり
時刻はam11:30 早速、オバちゃんに店先のjayを指差して目で訴える私。
シバシ、、、おぉ、分かった・分かったって風に意志疎通完了。
2階に行けと促されて、店先で代金 115元を支払う。(鶏足=60元 ワンタン=55元)

2階には、jayのあの新聞記事がうすぅーくなったのが、壁に貼られてました。
家族連れが2組、男子学生が2名。そして、私。。
すぐに鶏足が運ばれてきて、早速、喰らう。期待が高かったせいでしょうか、意外に普通!?
いえいえ、おいしんですが、ちょっと期待しすぎちゃった様です。
何より、私は、この店:名物の「温州錕飩」ワンタンスープが、いたく気に入ってしまって。
さっぱりしてるのにコクのあるスープ。ワンタンのプリっプリっとしたQQという食感。
日本の感覚だと、ワンタン<餃子ですよ。。ボリュ-ムあり。これ1パイでお腹膨れます。
はい、なので、鶏は残してしまいました。あぁ。御免なさい。


今回の旅、デジカメ持ってなくって「写るんです」持参した私:ふふ
ブログ記事に画像が無いの寂しいかも。  「旅行記まだ続くよ!」の気合をjay君・お願い

b0098742_2271653.jpg




食堂を出てから、(この老街は河に沿って道なりになってます)左坂~河口へ降りて、
ボウーっと、さてこれから・どうしようかとベンチに座って考える・考える・考える・・・
ええ、綿密な旅計画を立てずに行ったので、行動はその日の気分まかせです。

折角、淡水まで来てるのだから「淡江中学」まで行こうかとも思いましたが、行ってどうする?あぁ、この発言、皆さん引きますね。。。
でも、本心だから障がなく。あまりにも暑いし「イイヤっ遠いし・・・」早速MRTに飛び乗る。

向かった先は、「台北站」周辺の許昌街。
ここは、去年、シーザーに宿泊したお陰で、歩きとおした何となくでも勝手の分かる場所。
「光南」「大衆唱片」「ROSE」をハシゴして、2枚ほどGET。
その後も、ズルズル「新光三越」に入ったり(バザー真っ最中)して、物色したけど、、、、
センスの違いに改めて絶句。
また暑いのに、街をブラついてると、「アンケートいいですか?(たぶん・そう聞いてる)」
あっという間に、質問開始してるし、慌てて 「 我是リィベンレン 」と言うと「對不起」。。。

もう、HOTELに戻ろうと、台北站地下街を、黙々と歩いている時、
突然 腕をつかまれ振り返ると オバちゃんが「小姐」!! あぁ、さっきから聞こえてたの
オバちゃんの声だったんだ。。。って、オイオイ。耳が慣れてないのよ・御免なさい。
また あっという間に始まる・今度はオバちゃんの怒涛の北京語・・・
「あのね、私は日本人なの。全然、道を聞かれても、応えられないの」と言えたらいいけど
そんなの無理なので、「sorry」 or 「 對不起 」と言ってその場を去る。

MRTで「民権西路」站に戻って何となくひと安心。
行きでスッタモンダがあったお陰で、すんなりHOTELまでの道のりなんて楽勝と思っていたら何と、一駅前まで歩いて戻ったらしく(相当な地図音痴か?)
TAXIは使いたくなかったので、また来た道を戻ることに。
どうにか、朝と見慣れた景色を確認してズンズン・・ズンズン
途中、「鬍鬚張」で、夕食用に[ ルーロウ飯便當 ]を買って何とかHOTELへ。
すっかり疲れて、もう行かないと思っていた、昨日のマッサージ屋に行きました。

あら、今、聞いてるラジオ~jayの歌声[ 龍拳 ]が流れてきたぁ☆
fu-fu-ha-hi-・・・・・・・chinablueさん!ご指摘感謝 正しくは「雙截棍」が流れてきました

何でしょう?旅行記って難しいですね。
要領を得ないなぁ。
しかも、jayに関する情報も無ければ、折角そこまでいってるのに、尋ねない私。
呆れてください。

では、次回は最終日です。全く、期待しないで下さいまし [ omniに行ったけど。。。]
またしても、情けない話しが続きます。


今日、jayの新譜といわれてる音を聴きました。
確かに、「以父之名」に似た感じですね。
ALFAは、今、ネットで放出されている曲タイトルも、アルバム名も、事実と違うんだよ!と
怒りのコメントを出したけど、この曲に関しては言及なし?!
って事は、やっぱり、内部~漏れた音源=この音は本物って解釈していいのでしょうか?



b0098742_04456.jpg
だ・だから、指長いっちゅーの
by jaychou8 | 2006-08-20 00:07 | :taipei一人旅('06/夏)

2006・8・13 (旅行記:Ⅰ)

 
SAPPORO→TAIPEI  14:30発CI 


千歳~台北中正国際空港までは、4時間5分の空の旅。
最近まで 台北便は EVA AIR のみでした。7月1日~ CHINA Airlinesの運行開始。
行きも帰りも邦人は10名程度。他、すべて、台湾の家族連れやカップルだらけ。。。
札幌の街でも、よく、中華圏の旅行者を見かけます。
 newsによると、大陸<台湾の観光客が多いのに、公共施設の中国語:表記が、
 大陸表記なので、台湾とは漢字の意味が違うから困ってる方が多いとか。


今回の宿泊先は MRT 淡水線 [ 民権西路 ]駅~徒歩10分に位置する、某有名HOTEL到着したのが、台北時刻でPM7:30頃

このHOTEL、事前にネットで調べたら、非難go!go!!だったので期待してませんでした。
が、しかし、桐子は帰国するその日まで、実に快適な時間をその部屋で過ごせましたよ。
人の意見も、自分で確認するまでは、アテにならん。いい教訓に。。

部屋に入って、ひと息ついて、まず最初に桐子がとった行動は。。。

冷蔵庫に向かい~仁王立ちでHeinekenを煽る。。
ヘヘっ。暑いしね、喉もカラカラ。 乾いた喉を潤したあの充足感!うまかったぁぁぁ

機内食の、エビフリッター(機内食が満席のセイで完売?急遽、2名のみ補充分のMENU↑が出されました) これが、まだ胃にズシっとしてたので、
夕食もソッチノケで、マッサージに出向くことに。

これまた有名な、某・・・(ダイナスティとか呼ばれてる?!)マッサージ屋のお迎えをTELで
直接CALL。

2hコースを頼んで、実にまったりしたRELAXタイムを過ごし
(マッサージの感想は可・不可もなく・・・、まぁ。もう行きませんが)
HOTELに戻った頃は、11時過ぎ。

さすがに、ちと小腹も空いたので、近くの7-11へ買出しに。
b0098742_206628.jpgb0098742_2061932.jpg












テヘっ。まんま、オヤジ:チョイスのお買い上げ。。 
去年は、同行者がいたので、まんま観光客丸見えだったのか、
 どの店でも、「袋はいるか?」と聞かれず。→袋代=1元払ってたのですねぇ。
 今回は行く先々で聞かれました。
 初日の↑7-11でも、当たり前に聞かれ:超焦る自分。
 あぁ、語尾で言ってる[ ダイズ=袋子 ]って袋の事か?!とりなして、「 ヤオ=要 」と。。
 頻度多しでした。
)

折角、7-11に行ったのだから、jayの新譜予約情報を・・・
な~~んて、丸っきし頭になくって、PEPSIさえノー・チェック。 jay迷失格。。

部屋に戻って喰らい付いたけど、結局、五香粉にやられて残すし。でもウマかったです!
明日の予定は 淡水に行って・jayセットを喰うなので、
初日は、旅の疲れを癒すべく、全開にjayの歌声を聴きながら:シャワーを浴び就寝。
                                        1日目 終了  続く・・・・


b0098742_2151260.jpg
この、jayの表情、、目線の先、佇まい、、桐子!ビビっと痺れます。
でも、私は・・って方、多そう。
今・2006年 jay=27歳。 八度のjayには・もう会えません。。。
by jaychou8 | 2006-08-17 21:04 | :taipei一人旅('06/夏)